J-link デバッグブローブの質問

 


他のプローブ vs J-Linkの利点
Q:  FTDIベースのシステムのような単純なプローブと比べた場合、-Linkの利点は何ですか?

  • J-Linkは多くの利点を有します。 最大の利点は、多くの便利なユーリティリティが準備されており、共通のIDEの可用性無制限のフラッシュのブレークポイント、マイクロコントローラのフラッシュで動作するソフトウェアやデバッガが用意されます。また、J-Linkのフラッシュメモリへの簡単かつ非常に高速ダウンロードが有します。

  • 適応クロッキングを可能としており、JTAGのみならず、SWDとSWOをサポートしています。 安定に動作しますが、特にターゲットCPUが低クロック速度で動作する状況では、より強固な通信を提供し、CPU内蔵のインテリジェンスを使用しています。


Q:    J-Link(J-link lite)を所有していますが、プログラムの書き込みをしたいです。何か必要でしょうか。

  • 専用の書き込みソフトウエアがあります。J-Flashです。J-linkのバンドル品であればJ-Flasがついています。製品名を教えて頂ければ、何か必要かアドバイスをいたします。

  • J-link liteは、J-Flashがバンドルされていません。必要であれば、お問いあわせください。


J-Linkのスクリプトファイル
Q:    J-linkに接続していますが、利用中のターゲットシステムのコアが自動的に認識することができません。 なぜでしょうか。

  •  ほとんどのケース、J-Linkの自動検出が正常に動作し、自動的にデバイスのコアを認識しています。 コアは、デフォルトでJTAGチェーンに存在しないとJTAGチェーン内の別のデバイスにコマンドを送信することによって有効にする必要があります。

  • J-Linkの接続シーケンスは、J-Linkとターゲットシステムの間の通信を開始する前に実行されているJ-Linkのスクリプトファイルを使用してカスタマイズすることができます。 スクリプトファイルには、最大の柔軟性が必要であるので、ほぼすべてのターゲットの初期化が、サポートすることができることができます。

 

アダプティブ・クロッキング
Q:    アダプティブクロッキングを使用するとは何ですか?

  • ターゲットがRTCK信号を提供している場合、コアの外側プロセッサクロックにJTAGクロック(TCK)を同期するためにアダプティブクロッキング機能を選択します。 これは、JTAGインタフェースを介して何の同期の問題がないことを確認します。 あなたが適応クロッキング機能、伝送遅延、ゲート遅延、および同期の要件を使用する場合は非適応クロッキングよりも低い最大クロック周波数になります。 これは、ARM7 / 9 -Sコアに接続するために使用する推奨のJTAG速度です。


マルチコアデバッグ
Q:    JTAGチェーン内の複数のARMコアを持っています。 J-linkを使って、同時に、それらをデバッグすることができますか ?

  • シンプル:二つ以上のデバッガは同時に同じJ-linkを使用することができます。 マルチコアのデバッグには、複数のデバッガまたは同じデバッガの複数のインスタンスが必要です。 あなたはデバッグしたいスキャンチェーン内のデバイスデバッガを伝える必要があります。 追加のための特別な設定は必要ありません。

 

複数のJ-Linkの使用
Q:   同じマシン上で一度に、複数のJ-linkを利用できますか

  •  はい、PCに、J-Linkの数に制限を接続することができます。 各J-Linkは、それが並列に接続された複数のJ-Linkを持つことができるように、PCでその固有のシリアル番号に登録されているので、特別な設定は必要ありません。

 

対応CPU
Q:    どのCPUがでサポートされているJ-Link ?

  • J-Linkは任意のARM7 / 9/11、Cortex-A5 / A8 / A9、Cortex-M0 / M0 + / M1 /​​ M3 / M4 / M7、Cortex-R4 / R5、マイクロチップPIC32およびルネサスRX100 / RX200 / RX600シリーズで動作CPUするように


JTAGの最大速度
Q:    J-linkでサポートされる最大JTAG速度 ?

  • J-LinkのBASEがサポートする最大JTAG速度は15MHzです。J-Link ULTRA +最大JTAG速度は、 50MHzをサポートしています。

 

最大ダウンロード速度
Q:    RAMへの最大ダウンロード速度は何ですか?

  • 最大ダウンロード速度は、J-Linkの約1MB/s、J-Link ULTRA +とJ-Link PRO RAMに3MB/sのダウンロードします。 しかし、実際の速度は、JTAG、クロック速度、ホストCPUコアのような様々な要因に依存します。

 

JTAGピンの状態
Q:    J-Linkは JTAGピンの状態をリードバックできますか

  • はい、すべてのピンの状態を読み取ることができます。 これは、J-linkの出力と同様に、ターゲット・システム上のハードウェアの問題を検出するのに有用であり、供給電圧を含みます。

 

ETBのJ-Linkのサポート
Q:    J-Linkはエンベデッドトレースバッファ(ETB)をサポートしていますか?

  • はい。 J-LinkはETBをサポートしています。 現在のほとんどのARM7 / ARM9チップはETB内蔵されていません。

 

ETMのJ-Linkのサポート
Q:    J-Linkはエンベデッドトレースマクロセル(ETM)をサポートしていますか?

  • いいえ、ETMは、ARMチップと組み込みのETMを持つCPUtと別の接続が必要です。 現在のほとんどのARM7 / ARM9チップはETMの組み込みを持っていません。

  • 他の製品を推奨しています、。