Linkの電源アダプタ

ターゲットのIOの電圧レベル(VT Ref)を提供し、ターゲットデバッグの安定やターゲットPINを減らす

J-Linkの電源アダプタは、VT Refのために、固定のI / O電圧レベルを提供します。 これによりターゲット、VT REF(pin1)に接続する必要がなくなります。 

一般に、ターゲットは、デバッグプローブが正しいI / O電圧を使用し、ターゲットデバッグピンの損傷を回避することが保証デバッグプローブ・pin1上にI / O電圧レベル(VT Ref)を提供します。 VT信号Refがターゲット基板上に所望されていない場合、手動でI / O電圧を設定し、J-Linkの電源アダプタを使用することによって省略することができます。 デフォルトのI / O電圧は、3.3Vです。1.2 Vから5.0 Vの範囲内の他のターゲット電圧に対応し、柔軟性の向上アダプタ上の単一の抵抗を置き換えることができます。


(VT Ref /pin1を除く)は、すべてのデバッグ信号の1接続:電源アダプタは、J-Linkのを維持し、ターゲットの間に挿入することができます。 これは、ターゲット側のヘッダ標準の20ピン0.1「J-Linkのデバッグプローブおよび標準の20ピン0.1に向けてソケット」を有しています。 アダプタを使用する主な理由は、特に製造環境では、ターゲットへの接続の数を減らすことが可能です。 また、Flasher ARMで使用することができます。 SWDIOとSWDCLKだけでなく、GND:SWDなど、一般的に唯一の3 lineがまだ必要とされるような二重ワイヤデバッグインタフェースの場合。、そのようなSPDとして単線インタフェースの場合、接続の数はそれに応じて2に還元されます。