J-Link Remoto Server

 

J-linkユーザのための”RAMの可視””SFR変更”のためのフリーソフトウエア "J-Mem"


J-LinkのTCP / IPサーバーと呼ばれていた、J-Linkリモートサーバに、任意のハードワイヤードTCP / IP(イーサネット)またはワイヤレス(無線LAN)ネットワーク経由で、リモートからJ-Link/ J-Traceを使用可能にする小型のサーバアプリケーションです。 ターゲットハードウェアデバッガを実行しているPCと同じ場所にない大規模な開発環境でも、J-Linkを制御できます。この背景には、最新のマイコンへの対応したい場合、J-link Remoto Serverを利用することにより、半導体メーカの開発研究所に行かなくても、リモートサポートができるという利点が発端です。

 

リモートサーバーの使用状況
J-Link リモートサーバの構成は、可能な限り単純に維持されます。 特別な設定なしで動作します。
一般的には、リモートサーバーを経由して、J-Linkへの接続は、リモート経由でデバッガに接続をサポートしているすべてのアプリケーション/IDEでサポートされています。 以下のスクリーンショットは、リモートサーバーを経由にて、J-Linkに接続して、J-FlashとIAR EWARMを設定する方法を示しています。 この場合は、J-Linkのリモートサーバーを実行しているPCは、IPアドレス192.168.98.1としています。