SOMNIUM製DAT NXP edition

NXPマイコンのGCCベース(最高峰のGCC品質プロダクト)

NXPセミコンダクターズ社KinetisおよびLPCデバイスのためのフリーソフトウエアの商用C/C++組込みソフトウェア「SOMNIUM DRT NXP Edition」の販売を開始いたします。

SOMNIUM DRT NXP Edition」は、より小さくコードより速いパフォーマンスより安く製品、より多くのエネルギー効率的なソフトウェアをビルドできます。GNU Compiler Collection(グニューコンパイラコレクション)をベースに、商用レベルの最高クラスデバッグおよびトレースツールとして時間と予算にあったデザインを完了できます。

KDS(Kinetis Design Studio)で標準でサポートされているGCCのためのARM Embedded Processors (launchpad)ツールチェーンやライブラリでは、パフォーマンス追究(より小さくコードより速いパフォーマンス)は追究できません。例えば、IoT製品として、バッテリを持たせ、長時間動作する製品を開発したいとします。その場合、プログラムのコードが小さければ、より長時間動作させる製品を開発することができます。例えば、KinetisおよびLPCデバイスが持つファンクションを有効に使って、リアルタイム性を追究した製品を開発したとします。その場合、コードが小さく、最適化されれば、よりリアルタイム性が追究できます。商用GCCであるSOMNIUM DRT NXP Edition」の利点の1つです。

他の市販コンパイラでは、ソースコードへの変更を必要とするGNU互換のツールを使用して、NXPのソフトウェア・イネーブルメントとの完全な互換性を提供していません。「SOMNIUM DRT NXP Edition」は、KDS(Kinetis Design Studio)、CodeWarrior(GNUと非GNU版)LPCXpresso、Atollic TrueSTUDIO、Segger Embedded Studio統合開発環境でサポートされやコンパイラに対して、エントリーレベルにて、シームレスな自動アップグレードパス提供する唯一の製品です そして、「SOMNIUM DRT NXP Editionは、KDS(Kinetis Design Studio)作成し、KDSからアップグレードとしてDRTを提供しています。このオプション機能は、どのGNUよりも、より小さいコードより速いパフォーマンスを追求ができることから、「SOMNIUM DRT NXP Edition」へアップグレードのニーズが高まっており、ニーズにあった対応を完了させています。

忘れがちなANSI標準化、国際的なC標準は作業部会ISO/IEC JTC1/SC22/WG14で定義されたC/C++の標準化の取り組みです。C言語の場合、ISO/IEC 9899:2011 (C11)、C99、C90、C89があります。GNUコンパイラを提供している会社では、ISO/IEC 9899:2011 (C11)の取り組みが遅れがちです。また、非GNUコンパイラでは、C90、C89をベースに、他の標準化で定義された機能がサポートされていないことから、GNUへのリコンパイルは容易ではないことが多いです。また、C++においても、C++14、C++11、C++03に対応する必要性があります。GNUコンパイラを提供している会社では、C++14の取り組みが遅れがちです。非GNUコンパイラでは、C++03のみで、他の標準化で定義された機能がサポートされていないことから、GNUへのリコンパイルは容易ではないことが多いです。「SOMNIUM DRT NXP Edition」では、標準化されたC言語やC++言語への完全な取り組みをしており、真の汎用性を維持しております。さらに、C++言語では、C++例外ハンドリングの機能を有しており、この機能は他のコンパイラでは、あまり見られない機能です。


NXPベースの組込み設計を改善したいですか?完全な機能を備えた無料トライアルを提供させていただきます。

◆トライアル
・30日間(会社名、部署、指名、電話番号、電子メール)を頂ければ手配をいたします。

◆ライセンス販売
・ノードロックライセンス(年間使用権)

​← カタログ入手は

左のボタンを教えてください。