J-link OB

 

評価ボードに組み込むためのデバッグASIC

 

評価ボードのシングル・チップ・マイクロコントローラに対して、オンボード(IOn board)用デバッグASICを提供いたします。マイクロコントローラは、デバイス側のインタフェースを片側にUSBインタフェースとJTAG / SWD + SWOが対応可能です。 追加のデバッグプローブを必要とせず、それに付属している基板上のターゲットデバイスをデバッグすることができます。

 

”J-link OB”の特徴

 

  • J-linkと互換があるASICソリューション

  • デバッグ機能を備えた完全な評価キットのための安価なソリューション

  • JTAG、SWD + SWOはサポート

  • 仮想COMポート(STM32F072、SAM3U)

  • オプションの無効化、他の外部デバッグプローブの使用を可能

  • ほとんどとのIDE(統合開発環境)互換性

  • 非常に小さなフォームファクタ

  • 「ドラッグアンドドロップターゲット・デバイスの直感的なプログラミングのためのインターフェース

 

”普通のJ-link”と”J-link OB”の違いは?

 

普通のJ-linkは、ターゲットのデバッグインターフェースを利用してPCとターゲット間を接続します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-link OBは、評価ボードにASICを組み込みことにより、USBドライバを準備することができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-link OBを利用したモデル

 

STM32F072C8に基づいて、J-Link OBを有するSTM32F205RCT6ターゲットMCUの基本的な評価ボードの一例を示しています。J-Link OBが(左の写真の領域をグレーアウトではない)だけで、さらに選択したコンポーネントと使用PCB技術に応じて削減することができる3.8 cm 2の基板スペースを取ります。 

基板スペースをに分割
 

  • 2.1 cm² J-Link OB MCU回路(7×7ミリメートルUFQFPN48パッケージでSTM32F072C8)

  • 1.5 cm² ミニUSBコネクタ(さらに少ないマイクロUSBとなります)

  • 0.2 cm² パッド針プログラミングコネクタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


低コストのJ-LinkのOB評価ボードは、標準的な2層プリント基板の技術で製造されています。 これは、購入のためのリファレンスボードとして利用可能です。

 

ドラッグアンドドロップ・オプション~ターゲットデバイスへの直観的なプログラミング

 

ドラッグアンドドロップは、J-Link OBの直感的なプログラミング機能です。 それは非常に簡単な方法であなたのターゲットMCUをプログラミングすることができます。 ドラッグ・アンド・ドロップ機能を備えたJ-Link OBでは、コンピュータ上のフラッシュドライブのように使うことが可能です。プログラミングとデバッグのために、J-Linkの高い性能と機能は変わりません! 追加のフラッシュ駆動能力は、デスクトップを使用して、J-LinkのドライブにMotorola Sレコード、インテルHEX、またはプレーンバイナリファイルをドラッグするターゲットのプログラミングが簡素化されます。 

すべての複雑な開発ソフトウェアをインストールせずに - J-Linkのドライブのメーカー、およびサードパーティのソフトウェア開発者は、すぐにボード、ソフトウェア、およびデバイスの能力を評価することができ、顧客へのデモアプリケーションを展開することを可能にします。 すべての主要なオペレーティングシステム(Windows、MAC OS、Linuxは)サポートされ、既存のOSのドライバはすでにJ-Linkドライブをサポートしています。 

顧客は、J-Linkのドライブと固定デモアプリケーションの利便性を脱却すると、比類のない、業界全体のサポートに裏打ちされたデバッグプローブとして、J-Link OBを使用して、ターゲット・ボードの可能性を最大限に発揮することができます。 

 

ドラッグアンドドロップ・オプション~FlashプログラミングQ&A
 

 

Q:仮想ドライブは、どのくらいの大きさにすることができますか?

  • Answer ; ほとんど任意のサイズ。 一般的に、仮想のJ-Linkのドライブのサイズは、フラッシュメモリのサイズと同じ大きさの少なくとも2.5倍であるべきです。 256KBのデバイスのために、1MB以上は良いベストです。 4MBのフラッシュデバイスの場合、容量は16MBである必要があります。

Q:誰がターゲット・デバイスの設定をしますか?

  • Answer ;SEGGER本体によって行われます。 顧客は機能を持つ正しくプログラム、J-Link OBが、指定されたターゲット・デバイスをプログラムするために生産ユーティリティを受けます。

Q:ターゲットデバイスは、セクタあたり128KBまでの大きなフラッシュセクタを持っています。 これが問題としてありますか?

  • Answer ;いいえ、J-Link OBがこれに対処することができます。

Q:フラッシュプログラミングはどのくらいかかりますか?

  • Answer ;速いです。 基本的には早くターゲットデバイスがそれを可能にするとして。 総プログラミング時間は、ちょうどそれが消去され、非常に少ないオーバーヘッドでデバイスをプログラムするのに要する時間よりもわずかです。 ノルディックセミコンダクターNSxxx上では消去し、全体の256KBのフラッシュをプログラムするのに約3秒かかります。

Q:これはどのように非常に速くすることができますか?

  • Answer ;J-Link OBがSEGGERのリアルタイムOS embOSを 利用して、複数のタスクを同時に複数の操作を実行し、並行して実行します。 

Q:J-LinkのOBの最小ハードウェア要件は何ですか?

  • Answer ;ほとんどのJ-Linkの場合と同じ:64KBのフラッシュメモリ、16KBのRAM。 

Q:J-Linkは六角またはMOTファイルの任意の種類で動作することはできますか? フラッシュの一部のみがプログラムされるか、アドレス範囲は、非連続であっても?

  • Answer ;可能です。

 

 

J-Link OBスターターキット

 

J-LinkのOBスターターキットには、評価ボード開発製造メーカーが特定の評価ボード上のJ-link OBの適合性をテストすることができますが利用可能です。

スターターキットには、次のコンポーネントが含まれています。

  • 10テストライセンス

  • J-Link BASE

  • J-Linkニードルアダプタ

  • テストと本番用のJ-Link OBプログラミングユーティリティ

  • 選択したOBための概略が含んだドキュメント。 利用可能なデバイスの場合は、「デバイスは、J-Link OBとして使用することができる」をご確認ください。

  • サポート

 

J-LinkのOBの評価後、生産ライセンスを選択し、J-LinkのOBデバイス上の情報と一緒に購入する必要があります。

以下の条件は、J-LinkのOBの技術の利用に適用されます。

  • SEGGERロゴ、J linkテクノロジを含む各評価ボードのPCB上に印刷される必要があります

  • 評価ボードは、オプションのデバッグを提供していません

  • J-link OB技術を含む2評価ボードサンプルはSEGGER FOCに提供されます、。

 

 価格決定

誰がJ-LinkのOBのライセンスを取得することができますか?

J-Link OBは、評価ボードメーカーやシリコンベンダーにライセンスされています。