J-Link GDB Server

 

すべてのGDBデバッグのプラグイン "J-Link GDB Server"


J-Link GDBサーバは、GDBデバッグインタフェースとして、GDBを使用するすべてのツールチェーンに対応しています。、YAGARTOやSourcery G++に対応したGDBリモートサーバを使ってJ-linkを利用することができます。 GDBとGDB Serverが標準GDBリモート・シリアル・プロトコルを使用して、TCP / IP接続を介して通信します。モニタコマンドをサポートして、オープンelf/ binファイル読み込み/書き込みメモリなどのコマンドの標準セットをサポートしています、CP15レジスタを読出し/書込みは、J-linkを介してフラッシュのダウンロードを可能にします。


GDBサーバ概要
GNUプロジェクトデバッガ(GDB)は、GNU Public License(GPL)の条件の下で配布自由に利用可能なデバッガです。 これは、TCP / IP接続を介してエミュレータに接続します。 これは、GDBサーバソフトウェアが提供されているすべてのエミュレータに接続することができます。http://www.gnu.org/software/gdb/download/

 

J-Link対応GDBサーバのマイコン

  • ARM7  9/11

  • Cortex-A5 / A8 / A9

  • Cortex-M0 / M0 + / M1 /​​ M3 / M4 / M7

  • Cortex-R4

  • マイクロチップ製PIC32

  • ルネサス製RX610、RX621、RX62N、RX62T、RX630、RX631、RX63N

 

* J-linkシリーズ、Flasherシリーズ、J-Traceでも利用可能です。

 

J-Link GDBサーバ(GUI版) - Win, Linux, Mac

J-LinkのGDBサーバーのユーザー・インターフェースは、デバッグプロセスに関する情報を表示し、メモリは、パフォーマンスを向上させるために、またはログファイルが生成されなければならない場合はキャッシュされるべきで読み取る場合、ユーザは、ターゲット・エンディアンのようないくつかの設定を行うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-Link GDBサーバ(コマンドライン版) - Win

J-Link GDBサーバーのコマンドラインバージョンは、任意のGUIインターフェイスを提供していません、J-linkのLinux&MACサポートのために開発されたJ-LinkのGDBサーバーの特別バージョンです。 これは、基本的には、J-LinkのGDBサーバーのGUIバージョンと同じ機能を提供します。 J-LinkのGDBサーバーのコマンドラインバージョンは、Windowsのために利用可能で、定期的に、J-Linkソフトウェアとマニュアルパッケージが付属しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

with J-link