J-LinkのSiLabs C2 Adapter

J-Link SiLabs C2アダプタは、シリコン・ラボラトリーズのC2デバッグインタフェースが付属して、J-リンクとターゲット・ハードウェア間のデバッグ接続を許可します。 これは、シリコン・ラボラトリーズのevalボードと互換性のあるピン配置」コネクタ20ピン0.1 ''、10ピン0.1に標準デバッグコネクタ」から適応します。
VT 参考文献は、すべての評価ボード上に存在しないので、J-LinkのSiLabs C2アダプタによって提供されています。 デフォルトVT 参考電圧は1.2 V〜5.0 Vの範囲で柔軟性の向上、他の電圧3.3 Vでアダプタの単一の抵抗器を交換することによって生成することができます。