J-Scope

 

J-linkユーザのためのリアルタイムデータ可視が可能なフリーソフトウエア "J-Scope"


J- Scopeは、エンベデッドターゲットの実行中に、リアルタイムにマイクロコントローラのデータを分析し、可視化するためのソフトウェアです。 それは、SWOまたはターゲット上の任意の余分のピンのような機能が必要ですが、利用可能な標準のデバッグポートを使用していません。
J-Scopeは、オシロスコープのようなスタイルで複数の変数の値を表示することができます。 これは、elfファイルを読み込み、視覚化する変数の数を選択することができます。 J-linkにターゲットマイクロコントローラを接続してアプリケーションを書込み、J-Scopeを開始することができます。
J-Scopeを設定し、シンボルが表示されるように選択することができます。 構成が簡単に再利用と移植のためのプロジェクトファイルに記憶することができます。
J-Scopeで選択された各シンボルは、別々に設定することができます。 ゼロベースラインを変更したり、解像度を変更するには、上下のグラフを移動します。 グラフにシンボルを可視化するか、唯一の時計パネルでその値を表示するかどうかを選択します。
収集したデータを分析し可視化したグラフをスクロール、ズームイン、ズームアウト、またはさらなる分析のためのデータをファイルに保存します。
J-Scopeは、デバッグ環境を並列に使用して、IDEのデバッグの経験を拡張することができます。


J-Scope設定
J-Scopeは、J-Linkソフトウェアとドキュメンテーション・パッケー(JScope.exe)の一部です。
実行ファイルをダブルクリックして、J-Scopeを開始します。
設定ダイアログでは、elfファイルを選択します。 ほとんどのターゲットでは、設定を指定する必要はありません。 何か問題がある場合は、ターゲット・デバイスを選択し、それに応じてインターフェイスを設定します。
[OK]をクリックします。 シンボル選択]ダイアログが開きます。
アプリケーションのシンボルを選択し、あなたが見て、分析します。 J-Scopeを開始するには、[OK]をクリックします。

データサンプリングは、ツールバーのレコードボタン(赤い点)を介して開始することができます。

elfファイルと選択されたシンボルの構成が簡単に再利用するJ-Scopeプロジェクトに保存することができます。

J-Scopeプロジェクトは、メニューから開くか、単に実行ファイルにそれらをドロップすることができます。