J-ARM RDI

 

RDI準拠デバッガをJ-linkで使えるようにするためのAPI


J-Link-RDIソフトウェアは、J-LinkのためのRDIインタフェースです。 これは、任意のRDI準拠デバッガでJ-linkを使用することができます。 2つのDLLを指定するフォルダに置き、利用するデバッガで選択する作業が必要です。

 

  • IAR Embedded Workbench IDE

  • ARM ADS5

  • ARM(KEIL) μVision IDE

  • GHS MULTI

  • ARM’s RVDS (RealView developer suite)

 

たとえば、IAR Embeded Work benchの場合、Optionから設定することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無制限のフラッシュのブレークポイント


RDI DLLは、フラッシュのブレークポイントでは、フラッシュメモリ領域にソフトウェアブレークポイントを設定することができます。 これにより、ICEによって許可わずか2ハードウェアブレークポイントではなく、フラッシュのブレークポイントの数に制限を設定することができます。 特定のフラッシュブレークポイントを設定し、RAMコードを使用して非常に高速に実行されます。 チップ上のRAMとFlashでのブレークポイントの違いは目立ちません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-link RDI Configurationによる各種設定が可能

 

  • RDIは、各種の設定を可能

  • セットアップファイルを経由してターゲットシステムの初期化

  • JTAG速度とスキャンチェーン設定

  • フラッシュプログラミングを無効/有効を可能

  • ブレークポイントの設定(使用、ソフトウェアブレークポイントを使用して無制限のフラッシュのブレークポイント )

  • CPU固有の設定(エンディアン、リセット設定)

  • 無効ログファイルを有効を可能