emLib

 

"emlib"とは

 

emLibは異なる目的のためのソフトウェアモジュールのコレクションです。 AESとDESの暗号化だけでなく、CRCをサポート。 圧縮および非対称暗号化/復号化のためのさらなるモジュールとして追加可能です。


ソフトウェアは、任意のデバイスへの移植性のために設計されています。 モジュールは、組込ターゲット・デバイスおよびPCの用途に使用することができます。
emLibは、速度性能と小さなメモリフットプリント用に最適化されています。 ソースは完全にANSI-CとMISRA-C 2004準拠で書かれています。

 

”emlib”の特徴

 

  • emLibは、ANSI-Cで書かれており、事実上すべてのCPUで使用することが可能

  • シンプルなA​​PIを使用して統合するのは簡単

  • 同じモジュールと同じAPIは、PCのプログラムならびに組み込みターゲットで使用可能

  • モジュールのテストおよび検証用のサンプルアプリケーションが含む

 

"emlib"の暗号モジュール

 

  • AESモジュール:データの16以上のバイトのエン/復号化のための連鎖ブロック処理を含むAES 128ビットおよび256ビットのアルゴリズムの実装

  • DESモジュール: DES(56ビット)アルゴリズムの実装、また、8バイト以上のデータ処理するため、CBCを含みます。 DES機能は、より高いセキュリティ(TDES、トリプルDES)を達成するために複数回呼び出すことができます

 

"emlib"の整合性チェック

 

CRCライブラリ:ノーマルとビット反転の形で、32ビット幅までのすべての一般的な多項式の取り扱いが可能。 一般的なCRCの機能に加えて、emLib CRCはCRC-CCITT、CRC-16およびCRC-32などの人気のCRC多項式のために最適化された実装を提供しています